A32NXで使える日本の航空会社のリバリー(塗装)まとめ

フライング・ホヌの塗装

フライトシムには全世界の有志の方々が、様々な機体の塗装(リバリー/リペイント)を作成してくださっています。

今回はそんな中でも、「A32NXで使える日本の航空会社の塗装」に焦点を当てて紹介していきます。

実際に日本の空を飛んでいる塗装から、もう見ることができなくなってしまった懐かしの塗装、珍しい特別塗装機、実際にはあり得ない塗装まで紹介していきます。

「コールサイン」も紹介しますので、MSFS2020のATC機能をONにして、導入した塗装で実際のエアラインを飛ばす遊びも楽しめますよ!

今回紹介する塗装は、すべて「Flightsim.to」というリバリーや空港データの投稿サイトで、無料でダウンロード可能です!リンク先も記載しているので、気に入った塗装があればリンク先からダウンロードしてください。

もし塗装(リバリー/リペイント)が気に入ったら、作成者の方に「いいね」してあげてください。
方法は簡単で、ダウンロードページの顔文字ボタンを押すだけです。「ありがとう」「おもしろい」「大好き」あたりが押されるとクリエイターとしては喜ばれます。もし可能であれば「PayPal me」や「Buy me a coffee」というボタンから寄付することもできます。

目次

塗装をMSFS2020で使うには?

ダウンロードからMSFS2020への導入方法は過去記事がありますので、こちらを参考にしてください。

定番の塗装

全日空(ANA)

全日空(ANA)の機体
全日空(ANA)の機体

もはや説明不要の日本のフラッグキャリアですね。海外から帰るときにANAの機体を見て「ほっ」とした経験のある人は多いのではないでしょうか。自身もベトナムでの仕事の際にANAを利用しましたが、帰りの機内はもう日本に帰ってきたみたいでほっとした経験があります。個人的には葉加瀬太郎さんが手がけたテーマ曲もお気に入りです。

コールサインは「ALL NIPPON(オールニッポン)」です。

[A32NX] FBW A320neo ANA All Nippon Airways JA219A(4K) – Sharklets Fixed » Microsoft Flight Simulator

ジェットスター・ジャパン

ジェットスター・ジャパンの機体
ジェットスター・ジャパンの機体

成田空港や関西国際空港、中部セントレアを中心に展開する日本の格安航空会社(LCC)です。

2020年ごろは新型コロナ感染症の流行を受けかなりの路線を運航停止にして、このまま撤退かとの声もありました。が、2022年現在、一部運休の路線はありつつも、まだまだ元気にフライトを続けています。このまま頑張ってほしいものです。

コールサインは「ORANGE LINER(オレンジライナー)」です。機体の色をフィーチャーしたカッコいいコールサインですね。

[A32NX] (13bandit) A320neo Jetstar Japan [8k] JA26JJ » Microsoft Flight Simulator

スターフライヤー(StarFlyer)

スターフライヤーの機体
スターフライヤーの機体

北九州空港を拠点に置く航空会社です。黒と白を基調とした高級感のある塗装ですね。

むかし、夜に見えなくなってしまうので飛行機の機体色に黒は使えないという話をどこかで聞いたのですが、時代が進んでOKになったのでしょうか。

個人的には今一番乗ってみたい航空会社です。

コールサインは「STARFLYER(スターフライヤー)」です。

[A32NX] StarFlyer [4K] » Microsoft Flight Simulator

ピーチ(Peach)

ピーチの機体
ピーチの機体

関西国際空港を拠点空港にするLCCです。紫がかったピンク色が鮮やかな機体です。

運用している機体もA320シリーズで統一されているので、A32NXで飛ばすにはピッタリかもしれません。

コールサインは「AIR PEACH(エアピーチ)」です。

[A32NX] Peach Aviation A320 Neo JA201P 8k » Microsoft Flight Simulator

ピーチの「バニラエア&Fly Peach to AMAMI」特別塗装

ピーチのバニラエア&Fly Peach to AMAMI特別塗装機
ピーチのバニラエア&Fly Peach to AMAMI特別塗装機

ピーチには数多くの特別塗装機があるのですが、これはかなり異色です。

ピーチは「バニラエア」というかつて日本にあったLCCと経営統合し、バニラエアは会社として消滅、バニラエアが運用していた機体もピーチが引き受けることになったのですが、『「バニラエア」の塗装を残してほしい』という航空ファンの声が多く寄せられたことを受けて、1機だけ特別塗装機としてバニラエアの塗装を残しています。白と黄色を基調とした明るく爽やかなカラーですね。

また、この特別塗装機は主に奄美で運用されることから、「Fly Peach to AMAMI」のスローガンを機体の片面に塗装しています。このスローガンの各所には奄美群島を代表する動植物のデザインが施されるとても凝ったものになっています。

「ピーチで奄美に行こう!とアピールするバニラエアの機体」というカオスな状態になっていますが、バニラエアの塗装を航空ファンの声を受けて残してくれたピーチの心意気が感じられます。

ぜひこのリバリーを導入して、奄美空港まで飛んでみましょう!

[A32NX] Peach Aviation (Vanilla Air & Fly Peach to AMAMI) [4K] » Microsoft Flight Simulator

ありそうでない塗装

日本航空(JAL)

日本航空(JAL)の機体
日本航空(JAL)の機体

これも説明不要、日本を代表するフラッグキャリアです。やはり日本の空には鶴丸が似合います。富士山と一緒に写真に収めたいですね。

ただ、実のところ日本航空ではA320を運用していません。なので実際にはありえない塗装ということになってしまいます。

でもやっぱり好きな塗装で飛べるのがフラシムのいいところです。現実にあるかなんてどうでもよいのです。A32NXにこのリバリーを導入して、富士山までフライトしましょう!

コールサインは「JAPAN AIR(ジャパンエアー)」です。

[A32NX] Japan Airlines JA320J [8K] » Microsoft Flight Simulator

スカイマーク(Skymark Airlines

スカイマークの機体
スカイマークの機体

ANA、JALに続く日本第3位の航空会社です。神戸空港や羽田空港を中心に日本の多くの空港へ就航しています。

垂直尾翼の青地に大きな星マークが印象的な機体ですね。

このスカイマークでは主にボーイングのB737型機を運用しており、A320は運用していません。そのため、この塗装も現実にはあり得ない塗装となっています。

ただ、スカイマークを利用したことのある方は多いはず!思い出の地へこの塗装でフライトしてみてはいかかでしょう?

コールサインは「SKYMARK(スカイマーク)」です。

Airbus A32NX | Skymark Airlines [8K]  » Microsoft Flight Simulator

懐かしの塗装

日本航空の1970年代

日本航空の1970年代ごろの機体
日本航空の1970年代ごろの機体

1970年代から日本航空で使用されていた塗装です。日本航空のシンボルである「鶴丸」が初めて登場した塗装です。

機体のおなかが銀色になっているのがカッコいいですね!MSFS2020で飛ばすとちゃんと金色の面が地面や風景を反射してくれるので、より映えますよ!

[A32NX] FlyByWire | Airbus A320neo Japan Air Lines old livery JA8055 in 8k » Microsoft Flight Simulator

日本エアシステム(JAS)

日本エアシステムの機体
日本エアシステムの機体

かつて日本に存在した航空会社「JAS(日本エアシステム)」の塗装です。虹色を思わせる鮮やかなカラーですね。

実はこのカラーは、エアバス社のコーポレートカラーなのだそうです。エアバス社がJAS社の前身である「東亜国内航空」の社名と、エアバス社のレインボーカラーを塗装した特別機で1979年の国際航空宇宙ショーに参加。この特別機でデモフライトしたところ、東亜国内航空の役員さんがこのデザインを気に入り、エアバス社に頼み込んでデザインを譲り受けたという逸話があります。

残念ながらJAS社は経営不振に陥り、2002年にJALと経営統合して、最終的に消滅してしまいました。(そしてそのJALもJASを統合したことも一因となり経営不振に陥ってしまいます。。。)

ちなみにコールサインは「AIR SYSTEM(エアシステム)」でした。

[A32NX] Japan Air System JAS [8K] » Microsoft Flight Simulator

これからみられるかも?な塗装

AIR JAPAN

AIR JAPANの機体
AIR JAPANの機体

2022年3月にANAが発表した新ブランドです。アジア・オセアニア路線を中心に、ANAやJALのような「フルサービスキャリア」とピーチのような「格安航空会社」の中間を目指すようです。空の旅に選択肢が増えるのはいいことですね。

このAIR JAPANですが、運用する機体はB787-8とすることをすでに発表しています。なのでA320にこの塗装がされることはほぼないと思いますが、シミュレータの世界ではそんなこと関係ありません!

一足先にA32NXで新しい空の旅を楽しみましょう!

Air Japan A32NX 2023 » Microsoft Flight Simulator

A320のフライング・ホヌ!?

フライング・ホヌの塗装
フライング・ホヌの塗装

ANAのフライング・ホヌ、乗ったことありますか?ANAが保有する3機のA380という総2階建ての巨大旅客機に施される塗装の愛称です。ウミガメのデザインがかわいい機体です。

成田空港とホノルル空港(ハワイ)をフライトする機材として導入されましたが、新型コロナ流行を受けてなかなかフライトできない状態が続いています。

ただそんな中でも遊覧飛行を行ったり、レストランとして活躍したりと様々な工夫で航空ファンを楽しませてくれている機体です。

前述したとおり、A380専用の塗装ですのでA320には存在しません。シミュレーターの中だけで楽しめる塗装となっています。ただ、A32NXの開発チームはA380もMSFS2020で飛ばせるよう開発を続けています。はやくこのフライングホヌの塗装をA380で飛ばしたいですね。

リバリーは3種類(青・緑・赤)あります。それぞれ、デザインされたウミガメの表情がちょっとずつ違っていて、とてもかわいいですよ!お気に入りの子で飛びましょう!

ちなみに、A32NX(A320)で成田からホノルルまで飛ばそうとしないでくださいね。航続距離が足りません。。。

[A32NX] FLYING HONU -Lani- (All Nippon Airways ANA) [8K] » Microsoft Flight Simulator

[A32NX] FLYING HONU -Kai- (All Nippon Airways ANA) [8K] » Microsoft Flight Simulator

[A32NX] FLYING HONU -Ka La- (All Nippon Airways ANA) [8K] » Microsoft Flight Simulator

一通り、A32NXで使える日本の航空会社の塗装(リバリー/リペイント)でした。もしかしたら、見逃したものがあるかもしれません。

個人的にはAirDoとかの機体で飛びたいのですが、見つからず。。。

日々有志の方が様々な塗装をアップしてくれているので、今後も種類が増えていくでしょう!

お気に入りの塗装でフライトを楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる