A32NXで燃料の単位を「KG」から「LBS(ポンド)」に変更する方法

A32NXで燃料の単位を「KG」から「LBS(ポンド)」に変更する方法

今回は小ネタとして、A32NXで燃料搭載量の単位を「KG(キログラム)」から「LBS(ボンド)」表記に変更する方法を案内します。

A32NXの初期設定では「KG(キログラム)」表示となっていますが、この単位は簡単に変更できます。

目次

A32NXでの単位変更方法(「キログラム」から「ポンド」へ)

単位を変更するには、コクピット左側の「FlyPad(フライパッド)」から操作します。

  1. FlyPadの「歯車マーク」を選択します。
  2. 「Aircraft Configuration」を選択します。
  3. 「Weight Unit」から「lbs」を選択します。

この設定で、単位がキログラムからポンドに変更されました!

日本人からすると「ポンド」という単位はあまりなじみがないですが、日本の航空業界では例外的にヤードポンド法を利用しているため、燃料の量を表す単位に「ガロン(体積)」や「ポンド(重さ)」を使っているようです。航空の世界では「フィート」や「マイル」「ノット」など、日本人からしたらなじみのない単位がバンバン出てきますが、そういう用語に触れられるのも楽しいところです。

ぜひ、「単位表現」の部分でも航空の世界の楽しさを味わってみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる