ノーズホイールとラダーを分けて操作しよう(ティラー(チラー)操作)

今までA32NXを飛ばしていた方がFENIX A320を飛ばすとき、ノーズホイールとラダーの操作が分離できない(≒ティラーがうまく使えない)ことに困ることがあるようです。(私もその一人です。。。)

以前、このブログではA32NXに関連する記事として「ティラー(チラー)とラダーを別々に使うための設定方法(A32NX)」を解説しましたが、現時点でのMSFS2020ではMSFS2020側で「ノーズホイール」と「ラダー」の操作を分離することができます。

FENIXA320でティラー(チラー)をうまく使うにはMSFS2020側での設定が必要です!今回はその方法を解説いたします。

目次

MSFS2020でのノーズホイール(ステアリング)操作設定

MSFS2020側でノーズホイールの設定をしましょう。なおこの設定はMSFS2020のバージョンアップで追加された設定となります。MSFS2020のバージョンを最新にしたうえで設定を行いましょう。

なお、コントローラー設定は複数設定することができるので、A32NX用やFENIX A320用のように用意しておくのがよいでしょう!

  1. 設定画面(フライト中ならESCキー)を開きます。
  2. 「CONTROLES OPTIONS」を開きます。
  1. ティラー(ノーズホイール)操作を割り当てたい周辺機器を選びます。
  2. 「MISCELLANEOUS」から「NOSE WHEEL STEERING AXIS」を選びます。
  3. 「NOSE WHEEL STEERING AXIS」に操作を割り当てたい軸を設定します。
  4. 必要に応じて「REVERSE AXIS」にチェックを入れます。

「NOSE WHEEL STEERING AXIS」が見つからないときは左側の「FILTER」を「ALL」にしてみましょう。これですべての設定項目が表示されます。

今回、ティラー操作を割り当てたコントローラーは以下になります。A32NXでもFENIX A320でもちゃんと動いていることを実証済みです!私のおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる