FENIX A320がアップデート!嬉しい機能追加も!(v1.0.2.104)

FENIX A320がアップデートされました!今回も前回のアップデートと同様にアドオンの安定性の向上が図られています。また、フライト開始直後のFENIX A320の挙動が改善されているようです。また、嬉しい機能も追加されているので忘れずにアップデートしましょう!

目次

更新方法

FenixSim A320を起動すると以下のような画面になります。ここで、右上のバージョン情報に黄色の「!」マークがついている場合は更新プログラムがあります。

数字の下に「Click here to download」と書かれたリンクがあるので、クリックすることで新しいバージョンのFenix A320のインストーラーをダウンロードすることができます。

右上のバージョン情報(数字)に「!」マークがついているか確認しよう

アップデート内容

今回のアップデート内容は「Changelog」に記載されていますが、私が気になった個所や重要そうな箇所をピックアップして紹介します。

互換性のないサードパーティアドオンに関するメッセージの追加

「Add messages about incompatible 3rd party add-ons」と記載されている内容です。Fenix A320でフライトを開始した際に、Fenix A320で不具合が発生するなどして利用できない可能性のあるアドオンが使われている場合に警告が表示されます。

具体的には「Toolbar Pushback」をFenix A320と同時に使っている場合、以下のような警告画面が表示されます。

「互換性のないパッケージが検出された」と表示される

残念ながら現時点でFENIX A320と「Toolbar Pushback」は相性が悪いため同時に利用することができません。FENIX A320でフライトする場合は「Toolbar Pushback」をCommunityフォルダから外すようにしましょう。

フライト開始直後の挙動の改善

今回のアップデートで以下のような改善が案内されています。全般的にフライト開始直後の機体の挙動が安定しているようです。「起動時のクラッシュ」など影響の大きなバグも改善されているようですので嬉しいですね。

  • 「Several startup crash fixes(起動時のクラッシュを修正)」
  • 「Fixed issue with autolaunch not working(自動起動が機能しない問題を修正)」
  • 「Set parking brake initial state in more reliable way(より信頼性が高い方法でパーキングブレーキの初期状態をセット)」
  • 「Force initial state for Runway spawn to Ready(滑走路上から開始する場合に機体の初期状態を「Ready」に変更)」
  • 「Improved default state stability when spawning(フライト開始直後のデフォルト状態の安定性向上)」

機能の追加

バグの改修だけにとどまらず、新しい機能が追加されています!

コクピットのテクスチャ品質オプションの実装

「Implemented cockpit texture quality option」と記載されている内容です。

コクピットのテクスチャをよりきれいにするオプションを選択できるようになりました!ただし、この機能の利用はPCに負荷をかけます。VRAM(≒グラフィックボードのメモリ)に余裕がない場合は、挙動が重くなったりする可能性があるので、お使いのPCのスペックと相談しながら利用するようにしましょう。

利用には上記のチェックボックスにチェックを入れる

シミュレーション速度を最大 2 倍にする機能を追加(現時点では、テストを重ねるにつれて増加させる予定です。)

「Added simulation rate increase up to 2x (for now, will increase it as we do more testing)」と記載されている内容です。

FENIX A320でフライトした際の「シミュレーション速度」を2倍にすることができるようになりました!これで長距離のフライトを半分の時間でシミュレートすることができます!

この機能についてはFENIX A320の便利機能として別途詳しくご紹介します!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる